貧乏だけど星のやに泊まる。子供と行く素敵旅館+グルメブログ♪

主にグルメと旅行!子連れで行く星野リゾートの宿泊記や、ミシュランなどのおいしい料理をレポします♪子供が喜ぶ旅にでよう^^

俵屋のまとめと京都のミシュラン

こんにちは。昨日まで俵屋旅館についての記事を書いてきました。

私なんかがあのような素晴らしい旅館の、その素晴らしさを存分に伝えられたかどうかは謎ですが、私が言いたいことは書いてきたつもりです。

要約しますと、俵屋旅館は

「おもてなし最高!料理最高!京都最高!よっ日本一!」

てことです。(え、余計分からない?

とにかく。おもてなしが素晴らしい。当主の年さんをはじめ、従業員一人ひとりが俵屋に誇りを持って働いている。何十年も従事している方もいる。それだけ俵屋は魅力的なのかなと思う。

私たちのお部屋係を担当してくれたのは、かづさんという方でした。

正月にNHKを見てたら俵屋旅館の特集がやっていました。かづさんも映っていて、また顔が見れて嬉しかったのを覚えています。

かづさん、板場の料理のミスを自分のミスのように謝ってくださって、本当に申し訳ないという思いがひしひしと伝わってきました。

「出汁で食べさせたかった」

申し訳なさそうな顔でそう話すかづさんの、その想いが嬉しかった!

かづさん、ありがとう!また来るよー!(お金が貯まったら

そして俵屋の魅力としてもう一つ上げなくてはならないのが、料理です。

うちの主人は普段から、「おいしい」という言葉を口にしません。

本当に、心から、素直に、本気でおいしいと思ったときにしか出ないのです。(ただのサラリーマンのくせに。ぷっ

一度だけ、本気のおいしいを聞いたことがあります。

それは東京ミシュラン三ツ星を獲得した「龍吟」というお店の、鮟肝(あんきも)を食べたときでした。一口食べて

・・・うめぇっ。。

いや死ぬほどおいしかったですよ。だからきっと口にしたんです、本気の「おいしい」を。

その主人が、俵屋を出たときに話したのは、料理のことでした。

「料理おいしかった。」

口数の少ない主人が、普段言わないおいしいを口にした瞬間です。

あぁ、ほんとにおいしかったんだなって思いました。

・・・すみません、ただのサラリーマンが言ってるおいしいに信憑性もくそもないですね♪

まぁとにかく料理がおいしかったんです。芸術品のようないで立ちに、色彩も味も見事な料理の数々。もうこれは演出です!お見事!とくに鱧(はも)!

俵屋でこの料理を食べて、おもてなしに触れて、私は京都が大好きになりました。なので

「おもてなし最高!料理最高!京都最高!よっ日本一!」

なのです。笑

星のや京都に泊まりたかったけど、子連れ不可のおかげで俵屋を知れたので、それはよかったと思います。京都でいい宿に泊まりたいなと思ったときは、ぜひ俵屋に泊まってほしいなと思います。そんなにべらぼうに高い宿泊費ではないですし。きっと満足のいく旅になるでしょう^^

以上、俵屋旅館のまとめでした☆

↓参考にした本

続いて、京都のミシュランガイドについて少し触れたいと思います。

2016年度に京都で星を獲得したのは、100軒あります。

というかそもそもミシュランガイドとは何かというと、レストランの格付けですね。星の数がその価値を表しています。その星が意味するのは

三ツ星…そのために旅行する価値がある卓越した料理

二つ星…遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理

一つ星…そのカテゴリーで特においしい料理

外国の方で色々余裕のある方は、その国のミシュランガイドを片手に店を探すそうです。前述の「龍吟」も、半分以上が外人さんでした。

私たちは京都のミシュランガイドで星を獲得した料理やさんを4件行きました。

f:id:kopuccho:20160802150229j:plain

↑吉泉★★★

f:id:kopuccho:20160802150542j:plain

↑鳥彌三★

f:id:kopuccho:20160802150837j:plain

↑はやし★

f:id:kopuccho:20160802151022j:plain

↑廣川★

これからはそのお店について書きたいと思います。

次回はミシュラン一ツ星を獲得した、「鳥彌三(とりやさ)」の紹介です。

span.author.vcard{ display:none; }