貧乏だけど星のやに泊まる。子供と行く素敵旅館+グルメブログ♪

主にグルメと旅行!子連れで行く星野リゾートの宿泊記や、ミシュランなどのおいしい料理をレポします♪赤ちゃん&子供が喜ぶ旅にでよう^^

鳥彌三(とりやさ)の水炊き④~贅沢なおかわり~

おはようございます。今日も自己満足日記は続きますよー。とりやさの水炊き、最終章です。

コクのある濃厚白濁スープに心奪われて早1年、感動の再会を果たした私の、おかわりエピソードにしばしお付き合いください笑。

前回の続き、2杯目のかしわ。

f:id:kopuccho:20160809213725j:plain

むね肉が登場です。ですがパサパサはしておりません。豆腐もおいしいです。

f:id:kopuccho:20160809213841j:plain

2杯目のスープ。ウズラと、一味を入れていただきました。

f:id:kopuccho:20160809214000j:plain

京都産の一味です。これを入れるとまたピリッとした味に変わって、さらにおいしくなります。これ以降全てのスープに入れていただきました。

f:id:kopuccho:20160809214107j:plain

3杯目のかしわ。こちらは脂の乗ったもも肉です。やはりももはおいしいですね!

f:id:kopuccho:20160809214440j:plain

3杯目のスープ。ウズラの提供はなくなってしまいました。なので一味と塩を。何リットル飲むのでしょう。全く飽きません。ゴクゴクゴク

f:id:kopuccho:20160809214302j:plain

4杯目のかしわ。こちらは小骨が多かったです。でもやはり骨付きっておいしいんですねー、骨までむしゃぶりついちゃいました。京野菜もおいしい!

f:id:kopuccho:20160809214609j:plain

4杯目のスープ。こちらも塩と一味でいただきました。濃厚まったりなのにずーっと飲めちゃう魔法にかかっております。ゴクゴクゴク

f:id:kopuccho:20160809214732j:plain

5杯目のかしわ。再びむね肉が登場です。

そしてこちらのお餅はとりやさ自家製の八分突きのお餅です。あまり突かないで、粒を残すことで触感を味わっていただくように作られているそうです。

お腹パンパンですが、お餅はペロリ。うーん八分突きうまい

f:id:kopuccho:20160809214848j:plain

食材がついになくなりました!

と、いう事は…

f:id:kopuccho:20160809215008j:plain

締めの雑炊の登場です!

f:id:kopuccho:20160809215152j:plain

お漬物と共に。お好みで自家製のポン酢をかけて召し上がります。

f:id:kopuccho:20160809215339j:plain

お腹が限界ですが、これは食べなきゃ!と無理矢理胃袋に流し込みます。空腹で食べたらもっとおいしいのに…

f:id:kopuccho:20160809215528j:plain

まだこんなにある!!一人じゃ限界…うっぷ。

ちなみにこちらの卵はウズラではなく、普通の鶏の卵を使っているそうです。普通じゃないかもですが。

f:id:kopuccho:20160809215721j:plain

雑炊2杯目。おいしいんです。ですがお腹がいっぱいでもはや義務感で平らげております。限界がきたので、少し残ってしまいましたがここで終了。

はーおいしかった♪満腹満足。

f:id:kopuccho:20160809215851j:plain

デザートは自家製のグレープフルーツゼリー。さっぱりしていておいしい!

f:id:kopuccho:20160810084528j:plain

夕方が近づいてきたので、床の用意が始まりました。この後どしゃぶりになるんですけどね…

いかがでしたか?とても一人前とは思えませんね笑。

しかし非常においしかった。「おいしい」という言葉で片づけてしまうのは申し訳ないくらい、最高に贅沢な食事の時間でした。

私はこことりやさに、かしわ(鶏肉)を食べに来たわけではありません。

濃厚で味わい深い、とりやさ秘伝の白濁スープを飲みに来たのです。

このスープが飲みたくて、わざわざ京都まで一人足を運んだのです。

そのぐらい、このスープは飲む価値があり、大変おいしく、何度飲んでも感動できるのです。

人生で一度は飲んで欲しい。と、私は思います。

お客係の方の対応も素晴らしかったです。終始一人で来た私の話し相手になっていただけたので、楽しく食事をすることができました。

また行きたい!常にそう思いながらブログを書いていました。お金貯めるぞー!!