読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏だけど星のやに泊まる。子供と行く素敵旅館+グルメブログ♪

主にグルメと旅行!子連れで行く星野リゾートの宿泊記や、ミシュランなどのおいしい料理をレポします♪子供が喜ぶ旅にでよう^^

焼肉「鶯谷園」~東京で一番おすすめしたい焼肉やさん~

「今まで食べた焼肉やさんで、一番おいしい所はどこ??」

こんな質問をされたことがあります。迷わずココ!と言ってあげたかったんですが、おいしい焼肉やさんなんてゴマンとありますからね、返答に迷いますよね。

だっておいしいお肉を食べたかったら、そこらへんの焼肉やさんに入って、それこそ一番高いお肉を頼めばいいんです。きっとおいしいはずですよ。だって高いんだもん。

私が酷評している、ちょいちょい出てくる地元の焼肉やさんですが、そこで一枚15000円のシャトーブリアンでも頼めばきっと満足するはずです。だって高いんだもん。

そうです、満足しなくちゃ意味がないんです。高くておいしい焼肉やさんに行ったって、財布が軽くなるだけです。焼肉はコスパ命。いかに安くておいしい焼肉やさんで満足できるかがポイントなんです。

なーんて♪そんなに色んな所に行ってるわけでもないのに偉そうなこと言えませんけど。でもホント、コスパは大事ですよ。焼肉屋って高いですからね。質のいいお肉を安く提供してくれる所は、またぜひ行きたい!と思いますからね。

というわけで、するならこういう質問をしていただきたい。

「今まで食べた焼肉やさんで、一番満足したところは?」

こう聞かれたら、私は迷わずこう答えます。

「鶯谷園!」と。

言わずと知れた焼肉の名店。焼肉が好きなら一度は聞いたことがあるでしょう。

場所はもちろん鶯谷。鶯谷といえば、ラブホテルと風俗…というイメージで、あまり近寄る機会はなさそうですが(人によりけり?)、そんな場所に焼肉の名店・鶯谷園は位置しています。

ここのお肉はとにかく質が高い。そして予約が取れない。それほど店の回転率がいいから、肉がどんどんなくなる。よって新しいお肉を仕入れる。

素晴らしい肉のループ。肉の質がいいのも納得です。

そしてここは、肉の質の良さ・満足の高さに反して値段が安い。

こんなにおいしいお肉が1300円?!うちの地元だったら倍はするよ!←しつこい

と驚くほど、いい肉が安く食べられる。

とにかく一番おすすめしたい店なんです。でも本当に予約が取れない!よく知らずに突然出向いて、予約がないことで門前払いされた経験あり。

平日の、開店直後で2名とかならたまにとれることもあります。電話は当日の3時くらいにかけて、つながりました。仕込み時間中で少し不愛想な対応でしたが。

時間制限がありまして、2人だと1時間半、3人だと2時間でした。2人でしたら一時間半でも充分食べられます。

おすすめはなんといっても特上ランプ1300円

f:id:kopuccho:20160826215212j:plain

ささっと炙るように焼いて、タレをつけていただきます。少し焼くだけでいいんです。半生でも新鮮なんで大丈夫です。

とにかく、おいしい。旨味がすごい。柔らかい。口の中でとろけます。これは来たら絶対に食べていただきたい。

驚くべきはそのお値段。このおいしさ・ボリュームで1300円!なんということでしょう。そこらへんの焼肉やさんのカルビの値段とさほど変わりません。

このおいしさにこの安さ。コスパ最強とはこのことです。

以来、焼肉を食べるとしたらもっぱらここ。何回行ったか知れません。

他にも

f:id:kopuccho:20160826215446j:plain

上タン1200円。

ここのタンが一番おいしいです。適度に脂が乗っていて柔らかい。なのに歯ごたえはしっかり。本当においしい。なのに1200円。ああ安い…。もう少し厚いほうがいいというレビューも見かけますが、私はこの薄さが絶妙だと思っています。

f:id:kopuccho:20160826215658j:plain特上ヒレ1600円。この厚さ・このボリュームでこの安さ。にんにくを焼いて、にんにくチップにしていただくと、よりおいしい。 

f:id:kopuccho:20160826220638j:plain

カルビ900円。並みでこのサシ・肉感・柔らかさ。これを食べたらカルビは特上じゃなくてもいいなと思いますよ。

f:id:kopuccho:20160826221002j:plain

全く臭くない、ホルモン系の代表ハラミ950円。柔らかくてとろけます。しっかり味がついているので、タレをつけなくて食べるのもいいかも。

いかがでしょうか。このお店はとにかく安い!うまい!安い!!本当におすすめなので、ぜひご賞味ください。大好きな「鶯谷園」の紹介でした。

次回も東京の焼肉やさんの紹介です。 

span.author.vcard{ display:none; }