貧乏だけど星のやに泊まる。子供と行く素敵旅館+グルメブログ♪

主にグルメと旅行!子連れで行く星野リゾートの宿泊記や、ミシュランなどのおいしい料理をレポします♪赤ちゃん&子供が喜ぶ旅にでよう^^

リゾナーレ熱海か?八ヶ岳か?~リゾナーレ八ヶ岳に再訪したワケ~

おはようございます。今週、星野リゾートの人気ホテルリゾナーレ八ヶ岳に再訪しました。

一昨日はリゾナーレ八ヶ岳はなんぞや?という記事を書かせていただきました。今回も数記事に渡って、食事や遊び場やお部屋などの詳細な記事を書いて行きたいと思います!

その前に…実は予約をするとき、迷ったことがあります。それは「泊まったことのあるリゾナーレ八ヶ岳にするか、一度も行ったことのないリゾナーレ熱海にするか?」ということです。

自分なりに色々調べて、結局、リゾナーレ八ヶ岳に再訪することにしました。もちろんリゾナーレ熱海にも興味がありましたし、一度は泊まってみたいと今も強く思っています。でもあえて私はリゾナーレ八ヶ岳に再訪することを選んだのです。

それは私なりに調べつくした結果から出た答えでした。今回は、それを詳しく説明します。

星野リゾート、「リゾナーレ熱海」を選ばなかった理由

1.イベントやアクティビティが室内に集中している

リゾナーレ熱海・八ヶ岳ともに、子供用の施設が十分すぎるほど充実しています。館内には子供が楽しめるアクティビティ・イベントが豊富で、まさにファミリー向けのホテル。カップルや熟年夫婦が二人だけで来ている、というのをあまり見かけません。

どこに行っても小さい子供を連れた家族だらけです。イベントやアクティビティも、子供が楽しめるものばかり。しかし八ヶ岳と熱海で、その開催場所や量が全然違うのです。

アクティビティに限って見てみると、リゾナーレ熱海は室内にアクティビティが集中していることに反して、リゾナーレ八ヶ岳は外でできるものが明らかに多いです。

f:id:kopuccho:20170823221901j:plain

リゾナーレ八ヶ岳「森の空中散歩」

f:id:kopuccho:20170823221925j:plain

リゾナーレ八ヶ岳「ストライダー体験」(マウンテンバイクもあり)

ホームページを比較しても、イベントの量もリゾナーレ八ヶ岳の方が断然多いです。しかもこちらも、開放的な外で体験することができます。

f:id:kopuccho:20170823221945j:plain

リゾナーレ八ヶ岳「ハロウィンライトアップ」

f:id:kopuccho:20170823222002j:plain

リゾナーレ八ヶ岳「八ヶ岳マルシェ」

f:id:kopuccho:20170823222022j:plain

リゾナーレ八ヶ岳「青空キッチン」でピザ作り体験

他にも様々なイベントや体験ができます。それが外でできるものばかりです。

しかしリゾナーレ熱海では外でできる体験が、くすくすという森にしかありません。

f:id:kopuccho:20170823222046j:plain

リゾナーレ熱海「森の空中基地 くすくす」

ハロウィンのイベント等もこちらで行います。リゾナーレ八ヶ岳にはピーマン通りというとても広く長い通りがありそこで様々なイベントが行われますが、リゾナーレ熱海にはそういった広場はありません。

f:id:kopuccho:20170823222110j:plain

リゾナーレ八ヶ岳の「ピーマン通り」

したがって外で遊ぶとなるとこのくすくすの森のみになります(施設外のアクティビティを除く)。くすくすでの森の体験なら、八ヶ岳の空中散歩でもできそうですね。

外で子供を思いっきり遊ばせたい!という方はリゾナーレ八ヶ岳の方がよさそうです。

 

2.施設を比較すると八ヶ岳の方が明らかに優れている

次に館内施設についてですが、こちらも八ヶ岳・熱海ともに子供が大変喜びそうな遊びがたくさんできるようになっています。

どちらもプール・キッズスタジオ・キッズルーム・クラフト体験があります。私が特に書きたいのは、プールです。まずは見てください。

f:id:kopuccho:20170823215949j:plain

こちらは大迫力のリゾナーレ八ヶ岳のプール「イルマーレ」です。全長約60m。さらに1時間ごとに波が出現し、大人も子供も大興奮の楽しいときを過ごせます。外に出ると泡のでる湯もあり、ホッとした時間を過ごすこともできます。

f:id:kopuccho:20170823220353j:plain

リゾナーレ八ヶ岳の「泡風呂」

一方リゾナーレ熱海のプールですが、調べると非常に狭い。リゾナーレ熱海に宿泊した友人に電話で問い合わせてみると、「プール?ああ結構狭いよ。」とのこと。

f:id:kopuccho:20170823222155j:plain

大きさは長さ13m × 幅3~5m。基本的なホテルのプールといったかんじです。私も子供もプールが大好きなので、これは八ヶ岳を選定する大きな要因となりました。

夏休みでの混雑も予想されましたしね。狭いプールにぎゅうぎゅうに入るのは地元のプールだけで良いです。ちなみにこちらはおむつが外れていなくても入れます。

プール違いですが、リゾナーレ熱海にはもうひとつ、ボールプールがあります。

f:id:kopuccho:20170823222213j:plain

これは楽しそう!と思いました。うちの子供はボールが大好きなので、これは入れてあげたいな~と思い、熱海もいいなぁと思いました。が、

f:id:kopuccho:20170823220439j:plain

八ヶ岳にもあった!しかも本物のボールのプールが「イルマーレ」に。

おおはしゃぎでした。ちなみにこの日は「イルマーレ」内でスイカ割りの体験もやっておりました。八ヶ岳はプールが本当に楽しい!!

ちなみに熱海は、さきほどのボールプールエリアがキッズルームになります。八ヶ岳には充実したキッズルームと共に様々なクラフト体験も用意されたGAOという施設が併設してあります。

f:id:kopuccho:20170823222259j:plain

f:id:kopuccho:20170823222316j:plain

体験が豊富で、滞在中いくら時間があっても足りませんでした。全てをこなそうとしたら1泊なんかじゃとても足りません。それほどリゾナーレ八ヶ岳はアクティビティやイベントであふれています。そこが非常に魅力的だなと私は感じました。

 

3.子供が対象年齢に達していない

このように様々なアクティビティのあるリゾナーレ八ヶ岳ですが、熱海にも八ヶ岳にないアクティビティがあります。それがクライミングウォール体験です。

f:id:kopuccho:20170823222334j:plain

無料ですし、とても楽しそうです。親子でできるのもまたいいですね。しかし年齢制限があります。4歳に達していないと体験することができません。うちの子供は対象年齢に達していないので、こちらを体験することができないことが分かりました。

 

ちなみに、熱海の「キッズスタジオ~パティシエに挑戦!」も4歳から(有料)。八ヶ岳の「おひさまキッチン」は3歳からなので、八ヶ岳の方が若干年齢範囲が広いですね。

とりあえずうちの子は熱海のクライミングもパティシエも体験することができないので、ここも八ヶ岳選定の要因になりました。

f:id:kopuccho:20170823222359j:plain

このように、アクティビティや体験・イベントなんかを比較しても八ヶ岳のほうが良いなと私は判断しました。よってリゾナーレ熱海には宿泊したことがないけど、まだ早いかな?という理由と共にリゾナーレ八ヶ岳に再訪することに決めたのです。

(追記…2017年2月に結局リゾナーレ熱海にも泊まりました。記事はこちら↓)

kopuccho.hatenablog.com

今回はリゾナーレ八ヶ岳に再訪した理由を書かせていただきました。これから10月になると、両者ともにハロウィンのイベントも始まります。

きっと両方楽しいでしょうが、私たちが体験した八ヶ岳のハロウィンのイベントも非常に楽しかったので、またここで紹介いたします。kopuccho.hatenablog.com

↑こんな記事も書いています^^

次回は、リゾナーレ八ヶ岳に到着!~チェックインまでは「青空キッチン」でピザ作り体験~の紹介です。