貧乏だけど星のやに泊まる。子供と行く素敵旅館+グルメブログ♪

主にグルメと旅行!子連れで行く星野リゾートの宿泊記や、ミシュランなどのおいしい料理をレポします♪赤ちゃん&子供が喜ぶ旅にでよう^^

アンデルセン公園に到着!~まずはどこへ?各ゾーンを紹介!~

こんにちは!

前回より「ふなばしアンデルセン公園」の紹介をしています。 

今やUSJよりも人気が高いと言われているアンデルセン公園。今日はその中身をたっぷりと紹介していきたいと思います。

さて、アンデルセン公園のチケットについての説明は前回してきました。

チケットはコンビニ購入がお得、そして何回も行くなら年パスがおすすめでしたね。

チケット片手に、さっそく行ってみましょう。

f:id:kopuccho:20170913103246j:plain

こちらは北駐車場。とっても広いです。

駐車場は全部で4か所。停める場所によって最初に入るゾーンも変わってきますので、一番最初に行きたい場所がある方はそのゾーンに近い駐車場に車を停めるとよいですね。

以下詳細です。

・メルヘンの丘ゾーン(南ゲート)…南駐車場(2か所)

・花の城ゾーン(西ゲート)…西駐車場(臨時を含む4か所)

・ワンパク王国ゾーン(北ゲート)…北駐車場

・子供美術館ゾーン…東駐車場(臨時)

 

入るとしたら南・西・北ゲートになるかと思います。コンビニが近いのは北ゲートになりますね。

ちなみに駐車料金は一日500円(普通車)。冬の寒い時期は300円に値下がります。

f:id:kopuccho:20170913102802j:plain

ではさっそく入ってみましょう!

f:id:kopuccho:20170913103312j:plain

北ゲートから入ると、「平和を呼ぶ像」がお出迎えしてくれます。

f:id:kopuccho:20170913103345j:plain

長い通路を歩いて、ようやく道が開けました!

北ゲートからの入園なので、「ワンパク王国ゾーン」に到着です。

さてこの随所に現れる『〇〇ゾーン』ですが、アンデルセン公園にはワンパク王国ゾーン・メルヘンの丘ゾーン・子供美術館ゾーン・自然体験ゾーン・花の城ゾーンの5つのゾーンが存在します。

その5つを詳しく紹介していきましょう。

f:id:kopuccho:20170913103536j:plain

ワンパク王国ゾーン

日本有数の規模を誇るフィールドアスレチックをはじめ、にじの池に芝生公園、ポニーの広場や小動物たちとのふれあい広場など、子供はもちろん大人も童心にかえって自由に遊べる一番人気のゾーン。

特にこのワンパク城の「大すべり台」や、水遊びのできる「にじの池」は子供に大人気で、時間を忘れていつまでも楽しめます。

f:id:kopuccho:20170913103432j:plain

大型遊具のじゅえむタワー

f:id:kopuccho:20170913122744j:plain

子供が大好きな水遊びができるにじの池

f:id:kopuccho:20170908110108j:plain

引き馬体験もできるポニーの広場

f:id:kopuccho:20170913121520j:plain

迫力満点の森のアスレチックなどなど

「ワンパク王国」ゾーンだけでも1日中楽しめちゃうほど盛りだくさんの内容です。

他にもミニパターゴルフ場や変形自転車、ミニ鉄道にワンパクボール島などもあり、まさにワンパクに遊ぶのにうってつけの楽しいゾーンなのです。

 

続いてはこちら

f:id:kopuccho:20170913103904j:plain

メルヘンの丘ゾーン

1800年代のデンマークの牧歌的風景を再現しており、風車やコミュニティセンターや、童話館などの建物が並びます。

ミニチュアガーデンやひまわりのめいろなど、随所にお花がたくさん咲いていて、まさにメルヘンの世界。所々に撮影スポットがあって、カメラ片手に家族で楽しめます。

f:id:kopuccho:20170913103921j:plain

デンマークの風車職人が手掛けたデンマーク式の風車

f:id:kopuccho:20170913103949j:plain

絵本などもある童話館にたくさんのお花が咲いている花壇

f:id:kopuccho:20170908110034j:plain

ひまわりがいっぱい広がるひまわりめいろ

f:id:kopuccho:20170913104848j:plain

ボート遊びができる太陽の池などなど

綺麗なお花にボートハウス、絵本の読める童話館など、「メルヘンの丘ゾーン」は心洗われる癒しのスペースなのです。休憩場所としても使えそうですね。

 

続いてはこちら

f:id:kopuccho:20170913105202j:plain

子供美術館ゾーン

こちらは大地の広場のアンコウクレーンです。芸術的なにおいがしますね~~

子供美術館ゾーンは子供たちが自由な発想でつくる楽しさや歓び、童話の登場人物になって演じる感動を体験できる施設です。

食のアトリエや木のアトリエ、陶芸のアトリエなど様々なアトリエがあり、楽しい創作体験ができます。

f:id:kopuccho:20170913105233j:plain

陶芸のアトリエ

自分でつくった粘土を焼き上げます。どんな作品になるのか楽しみが広がります。

f:id:kopuccho:20170913105536j:plain

木のアトリエ

色々な木材を使って自由な作品づくりが楽しめます。

「子供美術館」は体感して学ぶことができる、ユニークな体感型美術館です。

 

続いてはこちら

f:id:kopuccho:20170913105755j:plain

花の城ゾーン

トカゲをモチーフにしたネット遊具のあるキッズガーデンや、冷暖房の効いた「花の城レストハウス」などがあり、ゆったりと遊ぶにはうってつけのスポット。

f:id:kopuccho:20170913143704j:plain

小さなおうちがたくさん並んでいる丘があったり、色々と癒される場所でもあります。

 

自然体験ゾーン

ワンパク王国ゾーンの北西部に既存の樹林地や湿地を活かして作られたゾーン。四季折々の里山の自然を体験できます。

 

そして忘れちゃいけないのが

食べもの!!

f:id:kopuccho:20170913110016j:plain

こちらは牧場のあいすやさんのソフトクリームです。

アンデルセン公園内には、売店やレストラン、グッズショップにこういったアイスやさんなどが点在していて、ショッピングや食べ歩きの楽しみも持ち合わせています。

 

広大な敷地にある色の違った5つのゾーンからなる「ふなばしアンデルセン公園」。

みなさんはどのゾーンが気に入りましたか?

これから数記事に渡ってひとつひとつ詳しく紹介していきますね(^^♪