貧乏だけどママは星のやに泊まりたい。子供と行く旅行+グルメブログ♪

主にグルメと旅行!子連れで行く星野リゾートの宿泊記や、おいしい料理をレポします♪赤ちゃん&子供が喜ぶ旅にでよう^^

「雲場池」へ到着!圧巻の紅葉の後はそば処「川上庵」へ

おはようございます。ご無沙汰しております。

11月に家族で宿泊した「星のや軽井沢」の宿泊記をつづっています。

実は先週、リゾナーレ八ヶ岳に家族で宿泊してきました!実に4回目(笑)

新設された「森のプール」についても書きたいんですが、まずは軽井沢!

 

秋の軽井沢と言えば紅葉、紅葉と言えば軽井沢じゃ「雲場池」がダントツ有名です。

f:id:kopuccho:20181107151803j:plain

雲場池

四季折々の自然が美しく、特に湖面に映る秋の紅葉は見事で、軽井沢の名所になっています。

全国各地からの観光客だけでなく、世界各地からも来訪されていて、様々な人種の外国の方がたくさん見受けられました。

f:id:kopuccho:20190120100805j:plain

とにかく美しいのがこの湖面に映る木々。

f:id:kopuccho:20190120100816j:plain

赤に黄色に緑に…息を飲む美しさです。

f:id:kopuccho:20190120100822j:plain

広い広い池に舞う紅葉はとっても綺麗。紅葉の写真の枚数が子供の写真の枚数を上回る。パシャパシャ

f:id:kopuccho:20190120100828j:plain

「雲場池」はかつて白鳥が飛来したことから、「スワンレイク」という愛称で親しまれており、地元では「お水端」と呼ばれているそうです。

白鳥はいませんでしたが、鴨が泳いでいました。

f:id:kopuccho:20190120100835j:plain

こちらは逆側から撮影した景色。逆光ですが皆さんパシャパシャ。私もパシャパシャ

f:id:kopuccho:20190121093910j:plain

f:id:kopuccho:20190120100845j:plain

池をぐるりと一周。どこに行っても美しい。

f:id:kopuccho:20190121093942j:plain

f:id:kopuccho:20190120100851j:plain

天気も良くて、絶好の紅葉日和でした♪

秋に軽井沢に寄った際はぜひぜひ立ち寄ってみてください!

 

つづいては食事のご紹介。

お昼ごはんは、前回行けなかったあのお店へ!!

f:id:kopuccho:20190120100857j:plain

川上庵

旧軽井沢の軽井沢銀座入り口、バスロータリー前にある有名店です。

雰囲気のあるオシャレな蕎麦やさんで、特に鴨せいろが人気。

他にも、大ぶりの頭付き海老が存在感抜群の天せいろや、信州ならではのクルミだれせいろなんかもあります。

予約などはしていなかったので、結構並びました。

f:id:kopuccho:20190120100906j:plain

鴨せいろ (1720円)

プラス500円で追加のせいろを頼むこともできます。

夫婦で鴨せいろと天せいろを頼んで味比べをしたかったんですが、2人共鴨せいろがよかったので2人前頼みました。

f:id:kopuccho:20190120100928j:plain

こちらが鴨!柔らかくて癖もなく、もちろん臭みもなく、味もしっかりしていて絶品!!今まで食べた鴨せいろの中でもダントツです。

蕎麦は歯ごたえがありツルっとのど越しもよくておいしいです。香味ネギの入った蕎麦ダレも良かったです。

いやはや満足。鴨煮込みせいろも気になるところ。

 

こちらの蕎麦は、厳選された最高級のそば粉を使用し、毎日使う分だけ自家製粉しているそう。また、つけ汁は国産大豆100%を使用、化学調味料を一切使わず一年間じっくり熟成された醤油を使っているそうです。

 

いやはやあっぱれ!見事な一品でした。

星野エリアにあるハルニレテラスにも店舗があります。そこも行ってみたい!

f:id:kopuccho:20190120100937j:plain

お腹がいっぱいになった後は、チェックインの時間まで軽井沢銀座をふらふら。こちらも雰囲気があって食べ歩きや衝動買いなど楽しめました!

いやぁ軽井沢、いいところですね!

 

次回はついに「星のや軽井沢」に到着です。