貧乏だけど星のやに泊まる。子供と行く素敵旅館+グルメブログ♪

主にグルメと旅行!子連れで行く星野リゾートの宿泊記や、ミシュランなどのおいしい料理をレポします♪子供が喜ぶ旅にでよう^^

二期倶楽部に泊まりました。~なぜ日本最高峰のリゾートと呼ばれるのか~

 「二期倶楽部」とは??

 

こんにちは、今日からまたリゾートホテルの宿泊記に移ります。今回紹介するのは、「二期倶楽部」です。「二期倶楽部」とは何かといいますと、ホテルの名称になります。グラブ活動じゃおまへんよ!

今や数あるリゾートホテルの先駆けとも言える「二期倶楽部」。皇室御用達でもあるこちらのホテルは、栃木県・那須に広大な敷地を以て建てられています。元は会員制の6室の本館からスタートしました。その後本館を拡張し、さらに数々のデザイナー監修による別館ができたのです。

f:id:kopuccho:20161116083156j:plain

池前にたたずむわずか6室の本館。全てはここから始まった

 

ホテル業界に詳しいノンフィクション作家の桐山秀樹氏によれば、『別荘地からは離れており、外界と隔絶されたような絶好のロケーションに2本の川が流れている。海外の雑誌で❝世界のホテル100❞に選ばれるなど、国内のスモールラグジュアリーホテルの先駆けといえます』とのこと。

とにかくホテル前にある森の自然が素晴らしく、約4万2千坪もある広大な敷地内での散策も充分に楽しめる上に、自家農園や釜を持つなど食材や作り方にも特別なこだわりがあり、目も舌も満足できる料理が楽しめる。さらに外界から隔離されているような非日常感を体感でき、有意義な滞在時間を満喫できるのです。

f:id:kopuccho:20161116083815j:plain

広大な敷地に雄大な自然が、来る人を魅了する

 

「自遊人」という雑誌に、『日本にリゾートホテルと呼べる宿は数少ない。日本でリゾートと呼べるのは、新しい宿では「星のや軽井沢」か「二期倶楽部」くらいではないだろうか。一度訪れて、その「真のリゾート」の感動を味わって欲しい。』と紹介されていました。とにかく評判がよく、評価も高いのがこの「二期倶楽部」なのです。

f:id:kopuccho:20161117133441j:plain

特に評価の高い、「ラ・ブリーズ」でいただく朝食

 

また、私が参考にしている雑誌「ニッポンの名宿&一流旅館」では、『日本の中で二期倶楽部ほどに憧れの対象として存在するリゾートホテルはないかもしれない』として、日本最高峰の宿と称してトップページで紹介しています。

↑気になる方はこちら

また敷地内にはたくさんの「お風呂」があり、宿泊者は全てを利用できます。中でも外にある露天風呂はまさに❝森の中のお風呂❞。広大な自然を、ゆったりと温泉に浸かりながら満喫できます。

f:id:kopuccho:20161116083550j:plain

晴天の日中には那須連山を見渡して、夜には満天の星空が楽しめる

 

施設もとても綺麗で、楽しめる場所がたくさんあります。四季折々の景色を、どこにいても感じることができるのです。私が宿泊したのはクリスマスの雪が降る時期でした。随所に設置されているモニュメントも素晴らしいですし、料理も感動的でした。自然や飾り、料理や景色で「季節」を楽しめるのも「二期倶楽部」の魅力だと思います。春夏秋冬全ての魅力を堪能したいものです。

f:id:kopuccho:20161116094519j:plain

f:id:kopuccho:20161116093115j:plain

細かなアクセントが宿泊者を楽しませる

 

美しい建物に広大な自然、そして有機野菜を使った健康的な料理…。このように、非の打ち所がないようなホテル「二期倶楽部」。子連れで一泊してきましたので、いつものように、お部屋・施設・夕食・朝食・お風呂などを写真を交えて詳しく紹介していきます!

kopuccho.hatenablog.com

↑最新記事「夏の二期倶楽部<2017>」はこちらから♪

span.author.vcard{ display:none; }