貧乏だけど星のやに泊まる。子供と行く素敵旅館+グルメブログ♪

主にグルメと旅行!子連れで行く星野リゾートの宿泊記や、ミシュランなどのおいしい料理をレポします♪赤ちゃん&子供が喜ぶ旅にでよう^^

星のや富士のお部屋①~キャビンを紹介!部屋の外には?~

こんにちは。昨日は1日で100アクセスありまして、本日は半日で100を超えました!

嬉しいな。みなさん星のやに泊まりたくなってくれたかな?

今日はお部屋について詳しく書きたいと思います。

まず、レセプションでいただいた、こちらの地図をご覧ください。

f:id:kopuccho:20151117143120j:plain

星のや富士マップです。

左下のレセプションから専用車のジープに乗り、キャビンまで向かいます。

f:id:kopuccho:20151117143941j:plain

こちらがお部屋のマップ。部屋は全部で40戸。一階と二階に分かれているキャビンもあります。

待合とは、レセプションまで行くために乗る専用車を待つための、待機場所になります。部屋からフロントへ電話すると手配してもらえます。

レセプションから走ること5分、車の絵があるまさにその場所に停車します。

f:id:kopuccho:20151117144226j:plain

私たちは301に泊まりました。

f:id:kopuccho:20151117145504j:plain

いよいよお部屋に入ります。

以前、

星のや富士に泊まりました。 ~グランピングとは?~ - ビンボーだけど、星のやに泊まる。

でもご案内したように、部屋を開けた瞬間から、あるモノが目に飛び込んできます。

星のや富士という名前からも想像できる、アレです。

では開けてみましょう。

ガチャ・・・

 

じゃーーーーん

 

f:id:kopuccho:20151117150209j:plain

見えましたか?アレが。

おや?ちょっとまだ見えないですね。あるテレビ番組では、ドアを開けた瞬間から見えるような事を言っていたんですが。。

もう少し近づいてみましょう。よいしょっと

 

f:id:kopuccho:20151117150518j:plain

 あれ???おかしいな。まだちょっと見えないですね。

まだ室内だからですかね?

思いきって外に出ちゃいましょう!

ガチャ!

 

f:id:kopuccho:20151117150833j:plain

どどどーーーーーん!!

て、、、

 

あれ????

 

ふ、富士山は??

 

・・・なんと、曇天で何も見えない。ひとかけらも。

 

まさかの結末です。ショックでお口がふさがりませんでした。

いやなんとなく分かってはいたんですよ。曇ってましたから。けど部屋に入ってそれを目の当たりにするとやはりショックですね。なんのために来たのか。そりゃあ富士山が見えなくてもグランピングを楽しむことはできます。雨は降っていませんでしたし、楽しいアイテムはたくさんありますからね。

けど・・・一番の醍醐味は、部屋から富士山を見ることなんじゃないかと思うのです。

部屋から一望できる富士山とその周りの四季折々の自然を楽しむことが、星のや富士の狙いのひとつでもあると思うんです。

なのにこれじゃあ、星のや湖じゃないですか。。

残念で仕方ありません。

従業員の方の話ですと、1か月のうち3分の1しか富士山は見えないそうです。

結構確立は低めなのですね。まあ連泊するので、明日に期待しましょう。山の天気は気まぐれですからね。

紹介しそびれましたが、部屋の装飾に工夫がされているのが分かりましか?

部屋に入った瞬間から富士山の美しさに目を向けてもらうため、部屋の装飾をできる限り抑えているそうです。

確かに、少しシンプルですよね。そんなところにも気を遣っているとは、さすがです。

テラスに薪ストーブがあるのはご覧いただけたでしょうか。こちらです。

f:id:kopuccho:20151117153537j:plain

部屋のテラスに薪ストーブがあるのはここともう一つだけです。なので二部屋しかありません。

Sキャビンといって、一泊一室6万3000円~になります。

富士山が見えなくても同じお値段なので、やはりなんとしてでも見たいところです。

なぜテラスに薪ストーブがあるの?と思う方もいらっしゃると思います。

他のキャビンには、テラスにこたつがある所があります。

そもそもこたつって室内にありますよね。なのになぜわざわざ寒い外でこたつに入るのか?

星野よしはるさんがおっしゃっていました。

「外でこたつに入る、そんな贅沢なことができるのが日本のグランピングである」と。

外で暖をとるキャンプの楽しさを、この快適な場所で贅沢に味わって欲しいということなんですね。

確かに、とても寒いテラスで薪ストーブにあたりながらまったりと富士山を眺めるのは、とっても気持ちのいいものなのかもしれませんね。

f:id:kopuccho:20161221094003j:plain

では次はお部屋の中を詳しく紹介したいと思います。

次回は、星のや富士のお部屋②~キャビンのこだわり~です。